2021年01月19日 10時00分 公開
PR

5G/ローカル5Gの成否を左右するエッジ、既存インフラの何を変えればよいのかデル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

高速・低遅延な5Gサービスは急速に世界に広まり、2025年までにはモバイル通信の約45%が5G化すると予測される。しかし、既存のエッジインフラは5Gのメリットを引き出すには力不足だ。5G対応には、どのような要件が求められるのか。

[ITmedia]

 5Gサービスが2020年から国内でも提供され始めた。高速かつ低遅延で、しかも1つの基地局に多数の端末が接続できるなど、無線通信の環境が大きく変わることになる。通信事業者以外の企業や自治体が局所的に展開するローカル5Gという選択肢もあり、さまざまな可能性が模索されている。

 ただ、5Gやローカル5Gのメリットを提供するためには、従来型エッジインフラを見直さなければならない。そこで参考にしたいのが、5G導入に向けたエッジインフラ最適化のベストプラクティスだ。迅速な初期導入への適性は、その1つだ。加えて現在の顧客ニーズに合わせた規模のソリューションが望ましい。また、5G需要の高まりに備えて、迅速な追加導入と動的構成が可能な点も考慮すべきだ。

 さらに耐久性に優れており、リモートでのモニタリングや修復も可能なソリューションを選びたい。本資料ではこのベストプラクティスを基に、通信事業者向けエッジインフラの5要件を挙げ、そのニーズを満たすソリューションも紹介している。本資料を読めば、エッジの選択が5G/ローカル5Gビジネスに与える影響の大きさを理解できるはずだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.