2021年01月19日 10時00分 公開
PR

データ急増で変わるエッジコンピューティングの要件、IT部門はどう対処すべき?デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

データの場所を問わず価値を引き出す手法として注目されるエッジコンピューティングだが、データの急増によりリソースや運用管理の最適化に苦労するケースが増えている。そこでIT部門が今すべきことと、それを支援する製品を紹介する。

[ITmedia]

 データ量が急増する中、データ管理における課題が規模と地理の両面で大きく変化している。今日における作成、保存、消費といったデータの中心地はデータセンターやクラウドといった特定の場所ではなくなった。データから価値を引き出すには、存在する場所にかかわらず、迅速かつ効率よく安全に活用する必要があり、エッジコンピューティングが注目されるようになった。

 しかし、この新しいデータの時代に、データ活用に必要なシステム全体をサポートするIT部門にも新たな課題が生まれている。大規模化したデータの重さによるリソースやコンプライアンスの問題への対処や、ネットワーク接続や動作環境、電力事情、運用管理、セキュリティなどの制約に対する最適化に、ユーザーが求める俊敏性をもって対応しなければならない。

 本資料では、こうした課題を解決するエッジコンピューティングの要件を解説するとともに、それらを満たす製品群を紹介する。エッジからコアの環境導入・管理のシンプル化をはじめ、IoTデバイスへワイヤレス接続するSD-WAN、エッジゲートウェイやデータ保護に至る、ポートフォリオ全体の構築が可能なラインアップをぜひ確認してほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.