2021年01月19日 10時00分 公開
PR

IoTで顧客ニーズを把握、8つの視点で探るエッジでのデータ収集/分析の最適化術デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

実店舗とオンラインのシームレスな連携が求められ、IoTデータの活用が不可欠になっている昨今。その鍵となるのが、膨大なデータを処理するためのプラットフォームだ。8つの視点で、エッジでのデータ収集/分析を最適化する方法を探る。

[ITmedia]

 オンラインショップが台頭し、実店舗の再構築が問われている昨今。特にデジタルネイティブ世代である顧客の存在を見据え、実店舗とオンラインのシームレスな連携がますます求められている。こうした中で不可欠なのがIoTデータを活用した顧客ニーズの把握だが、その取り組みにおいては、生成される膨大なデータを処理するためのプラットフォーム構築が課題となる。

 その実現に際し、流通業者はエッジデバイスやIoTとデータセンターの間で行き交うデータの遅延や帯域幅のコストを最小化するため、基盤となるサーバをデータセンターから店舗に移行することになる。しかし、従来のサーバはスペースに余裕のない店舗向きではない上に、運用リソース不足やセキュリティ不安などの問題もある。

 そこで本資料では、エッジでのデータ収集と分析の最適化を強力に推進する、2つのコンパクトなサーバを紹介する。また、エッジテクノロジーによる恩恵が特に大きい店舗とサプライチェーンでどのように最適化を進められるのか、「オンラインと実店舗における顧客体験の統合」や「輸送の最適化」など8つの視点で解説する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.