2021年01月19日 10時00分 公開
PR

“魅力的な実店舗”がビジネスを変える、オンライン時代の流通企業の在り方とはデル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

近年、多くの流通企業がオンラインでの購買体験の向上に取り組んでいるが、意外なことに若者世代の中には実店舗への強いニーズもあるという。このニーズを捉えるためには、魅力的な実店舗づくりを可能とするエッジソリューションが必要だ。

[ITmedia]

 購買力が高いデジタルネイティブ世代は、いまや流通業界において無視できない存在となっており、近年、多くの企業がオンラインでの購買体験の向上に取り組んでいる。しかし、アメリカでの調査によると、1996年以降に生まれた若者世代の買い物客で、「実店舗のほうが優れた購入経験を提供してくれる」と考える人の割合は76%に上るという。

 この意外な結果は、オンラインの買い物客の中にある実店舗への新たなニーズを見落としている可能性を示唆している。こうしたニーズを捉えるためにも、今後は、エッジコンピューティングやIoTを活用して、実店舗におけるデータから取得したインサイトをもとに物流の最適化やCXの向上を図っていくことが重要となる。

 ここで大きな問題となるのが、クラウドやデータセンター側からエッジ側(実店舗側)へのサーバ移行だ。従来のデータセンター向けサーバは、スペースに余裕のない店舗には適さず、運用やセキュリティ対策の面でも課題が残る。そこで本資料では、データ主導の魅力的な実店舗を構築する方法を解説するとともに、その実現を可能とするエッジソリューションを紹介する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.