2021年01月25日 10時00分 公開
PR

Kubernetesの開発/運用への負担を解消、開発とリリースを迅速化する方法とは?ヴイエムウェア株式会社提供Webキャスト

Kubernetesが新たなコンテナ基盤として浸透する一方、開発者と運用者の負荷が高まりつつある。この問題を解消し、本来の目的である開発とリリースの迅速化を実現するためのソリューションが登場した。

[ITmedia]

 クラウドネイティブアプリケーションへのニーズの高まりを受け、多くの組織で開発環境へのコンテナの採用が進んでいる。それに伴い、オーケストレーション基盤としてKubernetesを導入するケースも増えているが、このことが逆に、アプリケーション開発者やその運用部門にとって大きな負担となっているという。

 ネイティブKubernetes上では、コンテナイメージ作成や負荷分散など、アプリケーションの開発から運用に至る多岐にわたるプロセスを、開発者、もしくは運用者自ら行わなければならず、そのための新たなスキルの習得が求められる。これではコーディングなどの本来の業務に充てるべきリソースが奪われることになってしまう。

 本Webキャストでは、Kubernetes運用上の一連のプロセスを抽象化し、Cloud Foundryのcfコマンドで、コーディング以外のコンテナイメージ作成やテスト、オーケストレーションなどを実行可能にするソリューションを紹介する。作成したコンテナイメージのレジストリへの保管、Podの起動、ネットワーク接続を実行するデモ映像も収められているので参考にしてほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.