2021年01月25日 10時00分 公開
PR

VDI構築ではメリットだらけのHCI、導入時に注意すべき“落とし穴”とは?テレワークで生きたメリット

VDI構築に適したハードウェアとして注目されるHCIだが、導入時には注意すべき“落とし穴”もある。必要以上のコストを発生させず、最適なVDI環境を構築するには、どのようなHCIを選ぶべきか。豊富な導入支援実績を持つ専門家に聞いた。

[ITmedia]

 テレワークへのニーズが高まる中、VDIの構築に適したハードウェアとして「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)の導入が広がっている。そのメリットは拡張性の高さと運用管理のしやすさにあり、うまく活用すればコストの削減も期待できる。

 ただし導入の際には“落とし穴”にはまらないように注意する必要がある。現状の仮想化基盤がどう利用されているのかを把握しないまま、ざっくりとした要望でリソースを見積もった結果、必要以上のコストが発生するケースは珍しくない。

 システム更新では、「将来何かあっても困らないように」という心理が働きがちだが、HCI導入時には、こうした考え方が初期コストを高くするという。そこで本稿では、VDIやHCIの導入支援に関して豊富な実績を持つシステムインテグレーターが、VDI構築とHCI導入を成功させるためのポイントを解説する。


提供:デジタルテクノロジー株式会社、SB C&S株式会社、デル・テクノロジーズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.