2021年01月25日 10時00分 公開
PR

「移行した後はどうするのか」 先を見据えたクラウド移行に必要なものとはリフト&シフトで発生しがちな課題を解消

既存システムをクラウドに移行する動きが活発だ。移行先を選ぶ上で重要なのは「移行のしやすさ」だけではなく「移行して何をしたいのか」だ。

[ITmedia]

 働き方改革やテレワーク導入などの影響で、クラウドを利用する動きが活発化している。このタイミングで、なかなか踏み切れなかった「既存システムのクラウド移行」を検討する企業もある。

  クラウド移行では「リフト&シフト」のアプローチが使われる。オンプレミスのシステムをいったんそのまま仮想化し、クラウドに移行。その後、クラウドに合わせてシステムや業務プロセスを変更する方法だ。既存システムや業務プロセスへの影響を最小限に抑えられるため、基幹システムなどのクラウド移行で利用される。

 だが、多くの企業のクラウド移行を支援してきた有識者は、リフト&シフトには注意が必要だと指摘する。

 「適切な方法でリフト&シフトをしなければ移行に時間がかかり、コストも増える。せっかく移行したのに『以前より運用コストが増えた』という事態も起こり得る。スムーズに移行を完了させるには、移行が完了するまでの間、オンプレミスとクラウドのハイブリッドな環境(ハイブリッドクラウド)を効率良く管理することが重要になる」

 では、ハイブリッドクラウドを効率的に管理するにはどうすればいいのか。


提供:株式会社ネットワールド、ヴイエムウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.