2021年01月27日 10時00分 公開
PR

セキュリティから環境整備まで、「コロナ禍を勝ち抜くDX」を実現するIT活用術ニューノーマル時代に必要な「4つの柱」

DXに関するIT投資に積極的な企業が増える一方で、コロナ禍で激変するビジネス環境で勝ち抜くためには、これまでと違う視点も必要になる。セキュリティから環境整備に至るまで、これからのDXに必要なIT活用術を解説する。

[TechTargetジャパン]

 ある調査によると近年、デジタルトランスフォーメーション(DX)に関するIT投資に積極的な企業が増えているという。

 ITの力で何とかコロナ禍を乗り切ろうとした結果、企業のDXへの取り組みが加速したのだろう。コロナ禍の影響はしばらく続くが、この変化を「ニューノーマル」として受け止め、柔軟に対応する必要がある。

 だが、ニューノーマル時代はこれまでのように「強い競争力を身に付けるためのDX」では足りない。コロナ禍によって大きく変化したビジネスや社会、企業活動、人々の生活、コミュニケーションの影響を考慮した改革が必要だ。では、ニューノーマル時代においてDXを進めるためにはITをどのように活用すればいいのだろうか。

 コロナ禍においてさまざまな取り組みを進めてきた企業の有識者に「ニューノーマル時代のDXの進め方」について話を聞いた。


提供:デル・テクノロジーズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.