2021年01月29日 10時00分 公開
PR

高まるコンテナ活用ニーズ、ビジネスに俊敏性をもたらす手っ取り早い方法とは苦境の今だからこそビジネスにスピードを

今や、開発現場においてコンテナ技術の活用は珍しいものではない。Kubernetesなどのコンテナオーケストレーションツールの活用が進んでいるが、導入や運用など煩雑な面もある。そうした面倒を手っ取り早く解決する方法があるという。

[ITmedia]

 企業は顧客の反応を得て、競争力のあるサービスを素早く開発し続けなければならない。CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)が、ビジネス価値の最大化には必要だ。そのためには、アジャイルやDevOpsといったモダンな開発手法と、またプロジェクトに合ったコンテナなどの技術や開発プラットフォームの選定が重要となる。

 本稿では、デジタルトランスフォーメーション(DX)やサービス開発で必須となりつつあるコンテナ技術を手っ取り早く活用し、かつ開発者の管理負荷を肥大化させないためのポイントを紹介する。


提供:デル・テクノロジーズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.