2021年02月02日 10時00分 公開
PR

複数のKubernetesクラスタ管理が当たり前の時代に、一元的な運用を実現するにはヴイエムウェア株式会社提供Webキャスト

アプリケーションのクラウドネイティブ化に向け、多くの組織でコンテナの採用およびKubernetesの導入が進められている。そこで課題となっているのが、複数のKubernetesクラスタの効率的かつ一元的な運用をいかに実現するかという点だ。

[ITmedia]

 アプリケーションのモダン化/クラウドネイティブ化が進む中で、国内ではコンテナテクノロジーの採用とそのオーケストレーションツールであるKubernetesの導入が急速に進んでいる。これに伴い、組織が管理するKubernetesクラスタも増えることが予想されており、複数のクラスタをいかに効率的に運用するかが大きな課題となっている。

 その背景には、過度にカスタマイズされたクラスタの存在や、チームや業務ごとにバラバラのクラスタ運用の手法が採られていることがある。こうした状態はクラスタのライフサイクル管理や、運用ポリシーの一括適用、包括的なデータ保護を困難にし、運用コストを増大させてしまう。

 そこで本コンテンツでは、組織が複数のKubernetesクラスタを一元的かつ効率的に運用するためのソリューションを紹介している。デモンストレーションを交えながら、ソリューションの技術的背景についても詳細に解説されているので、ぜひ参考にしてほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.