2021年02月16日 10時00分 公開
PR

電話よりも確実に、メールよりも読まれる コロナ禍における顧客チャネルとは?今注目される“第3の手段”

コロナ禍で対面のコミュニケーションが減る中、非対面のやりとりで顧客との“近さ”をどう保つかが課題になっている。中でも確実に伝えたい重要な内容をやりとりする手段として注目されるのが、電話でもメールでもない“第3の手段”だ。

[ITmedia]

 コロナ禍で社会の在り方は大きく変化し、あらゆる分野で非対面や非接触が推奨されるようになった。これまで対面での接客や商談を通じて事業を営んできた企業は、非対面のコミュニケーションを通じて顧客の満足度やコミュニケーションの“密度”をどう保つかに頭を悩ませている。

 電話はつながらないことも多く、何より人手を要する。メールでは読んでもらえたかどうかが分かりにくい。到達率と開封率で、電話やメールよりも高い効果が得られるツールがある。それはどのようなものだろうか。


提供:KDDI株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.