2021年02月09日 10時00分 公開
PR

肥大化したサーバを効率的にスリム化、ファイルサーバ運用を最適化する方法とは株式会社日立ソリューションズ提供ホワイトペーパー

容量肥大化に伴うコストの増大やアクセス権管理の手間など、ファイルサーバ運用の課題は尽きない。そこで「見える化」「スリム化」「活性化」の3ステップを軸に、ファイルサーバの運用最適化を無理なく実現する方法を紹介する。

[ITmedia]

 ファイルサーバ運用の2大課題である「容量」と「アクセス権」。コストやセキュリティの最適化には定期的な不要ファイル削除やアクセス権の棚卸しが必要になるが、これらは現場の業務の妨げとなるケースも多い。特にデータの移行作業が必要な場合の負荷はより顕著になるため、リプレース時に頭を悩ませる企業も多いだろう。

 そこで活用したいのが、ファイルサーバ用の運用管理ソリューションだ。容量推移やアクセス頻度をグラフ化する「見える化」、設定された削除ポリシーから重複・類似を含む不要なファイルをリスト化し、効率的に削除できる「スリム化」、ファイル属性の解析による高精度な検索機能による「活性化」の3ステップで、ユーザーの利便性と容量の最適化を両立する。

 これらに加えてアクセス権の設定情報をCSVで出力可能なほか、権限に不整合のあるフォルダは原因とともに警告表示されるため、修正も簡単に行える。本資料では、同ソリューションの具体的機能と、3つの導入事例を紹介する。ファイルサーバの運用最適化に役立ててほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.