2021年02月17日 10時00分 公開
PR

データが扱いやすく低コスト、製造業のデータ活用課題を解決する「現実解」とは?IoT活用やスマート工場実現の切り札に

激しい市場変化の波にさらされている製造業。さらなる競争力の強化に向け、生産領域におけるデータ活用を模索する動きが広がっているが、課題となっているのがデータ管理の手間やコストだ。

[ITmedia]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、製造業を取り巻く市場環境の先行きは、依然として不透明な状況が続いている。しかし「ポストコロナ/アフターコロナ」ともいわれる“この先の時代”を見据えながら、生産性や品質のさらなる向上による競争力の強化を迫られているというのが製造業の現状だ。

 こうした競争力の強化に向けた取り組みとして、製造現場におけるデータ活用を模索する動きが広がっている。一方、製造業がこうしたデータを活用する上で、大きな課題となるのが「データ管理」の方法だ。不安定な社会情勢においてシステムへの投資額も限られる中、さまざまな課題を克服して継続的な競争力の強化に活用できる製造業のデータ管理体制とはどういったものか――。以下ではその「現実解」の一例について、詳しく解説する。

※本稿は、TechFactoryからの転載記事です。


提供:ネットアップ合同会社/富士フイルム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.