2021年03月05日 10時00分 公開
PR

2層ERP戦略が海外拠点のガバナンス強化とビジネス迅速化に貢献する理由SaaS型ERPならではの強みを生かす

海外拠点に現地の商習慣や法制度に適応したERPを導入するのは合理的な選択だが、製品選定や導入を現地任せにしてしまうと、経営面でさまざまな不都合が生じる。この課題を解決する方法とは。

[ITmedia]

 少子高齢化と人口減少が進む日本では、国内市場の規模縮小は避けられない流れだ。さまざまな企業が海外市場に活路を見いだし、海外に拠点を設けたり、海外企業の買収や業務提携に乗り出したりしている。

 しかし海外拠点を展開したものの、本社の基幹システムと連携できていないために「経営状況を把握できず、適切な経営判断をタイムリーに下せない」「海外グループ会社の不適切な会計処理を見過ごしてしまう」といった問題に直面している企業は少なくない。しかし、本社が利用しているERP(統合業務システム)を海外拠点にそのまま横展開しようとすると、導入や運用に多大なコストと本番稼働までに多くの時間やリソースを費やすことになり、かえって経営を圧迫することもある。

 グローバルビジネスに乗り出した企業のほとんどは、この経営課題に直面して頭を悩ませている。その有効な解決策の一つはSaaS(Software as a Service)型のERPを活用する方法だ。次ページで詳しく説明する。


提供:株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.