2021年03月01日 10時00分 公開
PR

ハイブリッド環境でも複雑化しない、一貫性あるインフラをどう構築するかデル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

デジタル変革とともに、基幹システムを含めレガシーな環境からの脱却が急務となっている。求められるのは、攻めと守りのITをつなぐハイブリッドクラウド戦略だ。その実現とともに移行性や運用性、セキュリティの向上を図る手段を紹介する。

[ITmedia]

 企業はイノベーションを創出するためにパブリッククラウドやAI、IoTなどを活用する一方で、基幹系システムなどを堅実かつ効率的に維持する必要がある。そこで多くの組織が、ハイブリッドクラウド戦略を模索している。

 ただ、ハイブリッドクラウド化はインフラの複雑化を招きがちだ。インフラの違いを意識することなく移行・運用できる、ハイブリッドクラウドの“いいとこ取り”な環境を実現したい。そのためにサーバだけでなく、ストレージやネットワーク、セキュリティ機能までのリソースを仮想化・統合する必要がある。

 本資料では、その実現手段として、サーバ仮想化からハイパーコンバージドインフラによるストレージ仮想化、さらにはゴールというべき一貫性あるハイブリッドクラウドまでの幅広いソリューションを紹介する。同一の仮想化技術をベースに、オンプレミスとパブリッククラウドの連携・統合管理を容易にし、イノベーションを加速する最先端のサービスも無理なく導入できるようになるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.