2021年03月01日 10時00分 公開
PR

働き方改革の成否を分ける「3つの難問」 いまIT部門が解決すべき課題とは?デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

近年、働き方改革が大きな進展を見せる一方で、多くのIT部門が新たな働き方がもたらす、IT運用負荷の高さやセキュリティの難しさを実感している。従業員の不満を解消しつつ、大小さまざまな課題を一挙に解決するIT環境の在り方とは?

[ITmedia]

 テレワークが日常の光景となるなど、近年における働き方改革は大きな進展を見せている。その一方で、オフィス外での業務を支えるIT環境は、まだ時代の変化に対応しきれていないのが現状だ。そのため、IT部門の時間と工数を削減しながら従業員のワークライフバランスを最適化することは、多くの企業にとって喫緊の課題となっている。

 しかし、その実現に向けては、従業員に快適なPC環境を提供するだけでなく、利便性や運用管理、セキュリティに関わる大小さまざまな課題を解決する必要がある。特に利便性に関しては、フリーズなどの小さなトラブルがやる気や生産性に悪影響を及ぼし、やがて“働きやすさ”を左右する大きな差につながっていく点にも留意したい。

 また既に多くのIT部門がテレワーク対応において、その運用負荷の高さやセキュリティの難しさを実感しており、今が見直しの時期と考えている担当者も多いはずだ。そこで本資料では、利便性・運用管理・セキュリティの観点から、新たな働き方がもたらす主要な課題を解説するとともに、それらを一挙に解消し、DXを加速させる包括的なIT環境の姿を明らかにする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.