2021年03月01日 10時00分 公開
PR

データ保護の3大課題、運用効率化/リモートワーク対応/迅速復旧の一挙解決策デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

自然災害やサイバー攻撃への対策の鍵となるデータ保護だが、近年は運用負荷の増大、リモートワーク対応、復旧の遅延といった課題に悩まされるケースが増えている。これらを解消するためには、どんなバックアップ製品を選ぶべきか。

[ITmedia]

 ビジネスのデジタル化が進み、データの重要性が飛躍的に高まる中、自然災害やサイバー攻撃といった予期せぬ脅威への対策は不可欠な取り組みといえる。ただ、近年は運用負荷の増大、リモートワーク対応、サイバー攻撃からの迅速な復旧という3つの課題が特にクローズアップされており、解決策が模索されている。

 例えば、リモートワーク対応では、社用PCやBYODのリモート管理が求められる。一方で、パッチ適用やデータバックアップにはVPNやWANを利用するため、帯域幅不足にも対応しなければならない。そこで注目したいのが最新のバックアップ製品だ。クライアント重複排除機能により転送データ量を事前に削減し、バックアップを高速化する他、マルウェアの被害などを受けた際にリモートでデータを復旧する機能を備えたものが登場している。

 本資料では、このように働き方の変化により多様化するデータ保護ニーズに対し、その解決策を提示する。併せて、データ保護の最適解として、強力なデータ保護とセキュリティ機能を備えつつ、シンプルに運用できるデータ保護ソリューションを紹介しているので、自社環境の見直しに活用してほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.