2021年03月11日 10時00分 公開
PR

クラウドとのギャップ解消、ハイブリッド時代にオンプレ環境が備えるべき3要素インフラ視点でビジネス変革を考える

DXを推進する中でハイブリッドクラウドが普及する一方、進化するパブリッククラウドと、従来通りのオンプレミス運用とのギャップが問題視されている。オンプレミスの構成と運用管理は今どう見直すべきなのか、3つの要素を軸に解説する。

[ITmedia]

 デジタル技術の利活用によってビジネスモデルを変革し、競争優位性の確立を目指すデジタルトランスフォーメーション(DX)。その推進には最新の技術をいち早く取り入れる姿勢が必要になる。必要に応じて迅速にサービスを利用できるパブリッククラウドは、ITインフラの有力な選択肢だ。

 一方で、重要な業務システムには堅牢(けんろう)性や可用性、安定性も求められる。それを考慮すると、パブリッククラウドよりもオンプレミス型プライベートクラウドが適している場合もある。そのためDXを推進する過程で、プライベートクラウドとパブリッククラウドを併用する「ハイブリッドクラウド」に移行するのは自然な流れだ。

 問題は、進化を続けるパブリッククラウドと従来通りのオンプレミス運用に大きなギャップが生じてしまうことだ。ビジネスの変革を重視するなら、パブリッククラウドとの連携を前提にオンプレミスのシステム構成と運用管理の仕組みを見直す必要がある。そのための一歩を、どう踏み出せばいいのか。


提供:ネットワンシステムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.