2021年03月08日 10時00分 公開
PR

リソース割り当ての自動化で生産性向上、Kubernetes向けインフラの最適解とは?デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

コンテナやKubernetesが注目される一方、ニーズの多様化に伴い、インフラ選定の難度は増している。そこで注目されるのが、導入の加速、自動化されたリソース割り当て、ハイブリッド環境での一貫性のある運用を実現するソリューションだ。

[ITmedia]

 ビジネスニーズに対応したモダンアプリケーションを迅速にリリースするため、多くの組織は、アプリケーション構築に利用されるコンテナの導入・管理のためにKubernetesを採用している。ただ、運用モデルやKubernetesの知識・経験レベルに応じて、最適なインフラの要件は異なる。

 「検証済みのPaaSやCaaSを開発したい」「柔軟なネットワーキングを含めKubernetesを迅速に導入したい」「最適化されたHCIにより大規模にKubernetes環境を展開したい」といったニーズは、その代表的なものだ。加えて、OSSのKubernetes自体が進化し続けており、その対応も求められる。

 そこで本資料では、使い慣れた仮想化環境でKubernetesを展開できる「VMware Tanzu」と、組織ごとに最適なインフラを統合して提供するソリューションを紹介している。導入の加速だけでなく、自動化されたリソース割り当てによる開発者の生産性向上、ハイブリッド環境での一貫性のある運用なども実現可能だ。アプリケーション開発をモダナイズしたいさまざまな企業にとって重要な選択肢になりそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.