2021年03月01日 10時00分 公開
PR

エンドポイントの先を狙う脅威、サーバ基盤のワークロード/アプリをどう守る?情報漏えいや業務停止のリスクが増大

リモートワークの普及などにより企業のセキュリティ対策に変革が求められている今、特に重要視されるのが、エンドポイントの先にあるサーバ基盤のワークロード/アプリケーションの保護だ。その理由と、対策のポイントを解説する。

[ITmedia]

 クラウドの普及当初は、増加する仮想マシンの管理が現場において大きな課題となったが、その後、VMware vSphereTMに代表される統合管理ソリューションの登場により、おおむね解決を見た。ところが最近では、サイバー攻撃の高度化により、ビジネス継続の観点からサーバ基盤(ワークロード)のアプリケーションとデータを守ることの重要性といった新たな課題に直面している。

 こうした課題を解決するために登場した新たなソリューションがヴイエムウェアの「VMware Carbon Black Cloud WorkloadTM」だ。同製品は、現場のインフラチームからも、セキュリティチームからも注目されている画期的なものだという。一体、どのような製品なのだろうか。

 @ITが主催したセキュリティセミナー「ITmedia Security Week 冬」では、ヴイエムウェア セキュリティ事業部 SEディレクター 奥野木敦氏が「リモートワーク時代のマルチクラウド環境を守るワークロードセキュリティ」と題したオンラインセッションを行い、同社のVMware Carbon Black Cloudの注目すべきポイントと、ディストリビューターから見た同製品の特長を分かりやすく紹介した。

 次ページでは、奥野木氏の講演内容からリモートワーク時代に必要とされるワークロードセキュリティと、VMware Carbon Black Cloud Workloadの詳細を紹介する。


提供:SB C&S株式会社、ヴイエムウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.