2021年03月12日 10時00分 公開
PR

B2CサービスのDXに顧客ID管理がなぜ重要? セキュリティと利便性の見直し方大量の顧客IDを分析や意思決定に生かすには

顧客接点が多様化し、大量の顧客IDを保有するようになったB2C企業では、それらをどう管理/活用していくかという点が重要な課題となっている。DXの推進やリスク回避を実現するため、安全性と利便性を両立した管理方法を改めて検討したい。

[ITmedia]

 インターネットが消費者の情報収集手段として重視されるようになって久しい。2020年のコロナ禍は、インターネットが消費活動における重要なチャネルの一つとして、なくてはならないものであることを確実にした。現在も発展し続けるデジタル化社会の中で、個人にひも付く顧客IDの重要性が高まり続けている。

 一方で顧客ID管理の失敗がさまざまな問題を引き起こし、その盗難や紛失はリアル社会に直結する被害をも引き起こすようになった。このような事態を防ぐためにも、全てのB2Cサービスは十分なセキュリティが施されたうえで提供されるべきだ。しかし、自社が提供するサービス群が複数あり、個別に顧客IDを発行、管理している場合、一部サービスのセキュリティへの配慮不足が引き金となって思わぬ企業リスクに発展することがある。

 今、多くの企業が顧客IDの統合や管理に苦慮している。なぜ顧客ID管理は難しいのか。どうすれば顧客ID管理を統合し、B2Cサービスのデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進できるのか。本稿は、具体的な課題とその解決策を探る。


提供:NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.