2021年03月12日 10時00分 公開
PR

マスターデータはどれ? IT部門が知らぬ間にサイロ化する人事システムの改善策業務の中に潜む「複数の従業員情報」とは

専門性の高い事業部門や管理部門では、個別にポイントソリューションを導入することでサイロ化が進みがちだが、中でも厄介なのが人事まわりのシステムだ。データの一貫性が損なわれることで、どんなリスクが生まれるのか。

[ITmedia]

 人事、総務、労務などの管理部門が主導して運用するシステムはIT部門が知らないところで「サイロ」化しやすい。

 特に人事に関連するシステムは給与、労務、採用などの機能別に導入できるものが多いため、情報が分断しがちだ。この情報の分断は将来、企業の成長を妨げる大問題となる可能性がある。本稿ではIT部門が知らないところに潜む、組織全体に影響する巨大なリスクを考える。


提供:ワークデイ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.