2021年03月16日 10時00分 公開
PR

工場停止の原因はサイバー攻撃、スマートファクトリーを取り巻く脅威とその対処法工場セキュリティ

多くの製造業が工場のスマート化を加速させ、工場内のあらゆる機械が「つながる」ようになる中、工場は「狙われる存在」へと変化する。工場の安定稼働を守るために必要なセキュリティ対策として、何をすべきか。

[ITmedia]

 工場を取り巻く環境は大きく変化している。グローバル化や製品の複雑化、消費者ニーズの多様化など、高度化が求められる一方で、労働人口減少などに伴う人手不足や、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による制限などが加わり、従来のやり方では対応が難しくなってきている。そこで注目されているのが、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)など先進デジタル技術を活用したスマート化だ。

 ただ、スマート化で「つながる環境」が広がれば、同時にサイバー攻撃の標的とされることになる。従来はサイバー攻撃とは無縁だった工場では、十分なセキュリティ対策がなされていない工場も多く、攻撃者にとっては「無防備な狙い目」となっているのが現状だ。こうした攻撃を回避し、工場の安定稼働を守るためにはどのような考え方や取り組みが必要になるのだろうか。

※本稿は、TechFactoryからの転載記事です。


提供:ネットワンシステムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.