2021年03月18日 10時00分 公開
PR

DX時代におけるバックアップの新たな課題、容量枯渇や過剰投資を回避するには?バックアップへの適切な投資を実現

業務のデジタル化により爆発的にデータが増大すると、バックアップシステムにも変革が求められる。空き容量の枯渇はもちろん、過剰投資を回避するにはどうすればよいのか。バックアップの利用方法を根本から覆す解決策を紹介しよう。

[TechTargetジャパン]

 システムの安定運用においてバックアップは重要な施策の一つだ。データを確実に保管し、いざというときに復旧できる仕組みを整えなければならない。そうしてバックアップシステムを導入した後、企業を悩ませる最大の課題が、ビジネス環境の変化や企業の成長によって、予想以上にデータが増えてしまうことだ。将来的に必要となる容量を計算し、余裕を持ってバックアップシステムをサイジングしても、たいていは予測を超えることになる。特に近年はデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みで扱うデータ量が増えたり、IT環境の多様化からバックアップ対象が増えたりして、バックアップシステムの空き容量が急激に枯渇する状況が目立つようになった。

 技術の進歩やビジネスニーズの変化が起きてもバックアップシステムの容量不足に困らず、過剰投資にもならないシステムは、どうすれば実現できるのか。バックアップの利用方法を根本から覆す解決策を紹介しよう。


提供:デル・テクノロジーズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.