2021年03月19日 10時00分 公開
PR

PC運用からMicrosoft Teamsの全社展開まで、テレワークの8大課題と解決策とは?株式会社日本HP、株式会社システナ提供ホワイトペーパー

テレワークが急速に普及する一方で、クラウドサービスやPCの運用に悩みを抱える企業が増えている。生産性の維持やセキュリティ対策、管理/サポートの課題を解決するにはどうすればよいのか、8つの解決策を紹介する。

[ITmedia]

 テレワークが普及するにつれ、新たな業務環境の運用に課題を抱える企業が増えている。例えばクラウドサービスに関していえば、Microsoft Teamsでは設定次第でオンラインでファイル共有が可能だが、それによりセキュリティリスクが高まることもあるため、安全に全社展開するには、適切な設定や管理者のスキルが必要になる。他には、データ消失対策としてのバックアップや、サービス間のデータ移行に関する悩みもよく聞かれる。

 一方、PC運用の課題も根強く、オフィスからの持ち帰りの手間やリスクを考えると、VDIの利用も視野に入れたい。また社内外のPCを効率的に管理するには、資産管理ツールの見直しも有効となる。さらに、生産性の維持やセキュリティ、管理/サポートを考慮すると、PCそのものを見直し、クラウド時代に最適な機能を備えた端末への刷新を検討してもよいだろう。

 本資料では、事例を基に、テレワーク環境によくある8つの課題について詳しく解説する。あわせて、ヒアリングや既存環境の調査を踏まえたクラウドツールの組み合わせ提案により、そうした課題の解決を支援するサービスを紹介しているので、参考にしてほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.