2021年03月22日 10時00分 公開
PR

PCを持ち出せない……テレワークの不安を解消する強固な情報漏えい対策とは?読者調査から読み解く「新しい働き方」の悩み

テレワークといっても、全てが在宅勤務を指すわけではない。場所に縛られない自由なワークスタイルは、コロナ禍が収束した後も“当たり前の働き方”として定着するだろう。社外に持ち出されるPCのセキュリティをどう確保すべきか。

[ITmedia]

 新型コロナウイルスの影響により、テレワークが“当たり前の働き方”として定着する一方、生産性の低下を理由にテレワークの継続を断念する、あるいはセキュリティ上の懸念からテレワークに踏み出せないでいる企業も少なくない。ITmedia ビジネスオンラインで行ったアンケート調査では、リモートワークを継続的に実施している企業と、そうでない企業とでは、その課題感に大きな差があることが分かった。

 従業員がテレワークをスムーズに実施できるようにノートPCの刷新を検討する企業は多い。本稿はPCの社外持ち出しに伴うセキュリティ課題をどう解決すればよいのかを紹介する。

※本稿は、2021年3月9日にITmedia ビジネスオンラインで公開した記事を転載したものです。

提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.