2021年03月29日 10時00分 公開
PR

ニーズ高まるオンプレでのクラウドネイティブ開発、事例で学ぶ環境構築の秘訣成功企業がインフラ選定で重視した3要件とは

データの安全性や運用の安定性にメリットを感じ、クラウドネイティブ開発をオンプレミス環境で行う企業が増えている。一方で、拡張性や俊敏性の欠如など課題も多い。既に成果を上げた企業の事例を基に、環境構築のポイントを探る。

[ITmedia]

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みでは、クラウドの特長である俊敏性や柔軟性、拡張性を最大限に引き出すためのアーキテクチャや方法論、フレークワークを生かしたクラウドネイティブ開発が重要な要素になる。

 しかし、クラウドネイティブ開発が難しい企業や業種も存在する。クラウドネイティブ開発はパブリッククラウドの利用がスタンダードとなっており、レガシーな情報を持つ企業は安全性の課題からデータを社外に出すのが難しいためだ。クラウドネイティブ開発を「試してみることすら難しい」といった状況に陥ることも考えられる。

 そのような制約のある中で注目されるのが、オンプレミス環境でのクラウドネイティブ開発というアプローチだ。この手法を採用し、成果を上げ始めている企業を紹介する。


提供:デル・テクノロジーズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.