2021年03月29日 10時00分 公開
PR

テレワークとDXが変えたセキュリティ対策の在り方、いま必要なアプローチとは?インシデントは一番弱いところで起こる

テレワークの普及やDXの急速な推進などにより、企業を取り巻くICT環境が大きく変化する中、そこにつけ込む脅威も横行し、従来のセキュリティ対策は意味を成さなくなっている。セキュリティ対策の専門家に、いま必要なアプローチを尋ねた。

[ITmedia]

 コロナ禍の影響を受け、働き方だけでなくデジタル技術を活用したビジネスの在り方も急速に変化した。では、セキュリティ対策は新しい変化に対応できているだろうか。

 セキュリティ専門家として長い経験を持ち、政府のセキュリティ政策へも助言する立場にあるS&J代表取締役の三輪信雄氏と、国内の多くの組織・企業のIT運用やセキュリティ対策を支援してきた富士通サイバーセキュリティ事業本部長の森 玄理氏に話を聞いた。

※本稿は、2021年3月22日にITmedia エンタープライズで公開した記事を転載したものです。

提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.