2021年03月31日 10時00分 公開
PR

スモールスタートでSASE製品を導入したい テレワーク時代の最適解とはSASE導入の現実解を探る

VMwareのSASEプラットフォーム「VMware SASE」が2021年にリリースされる予定だ。しかしVMware SASEを待たずにすぐにでもSASE製品を導入したいVMwareユーザーもいることだろう。現時点におけるSASE製品導入の現実解とは何か。

[ITmedia]

 近年「ゼロトラスト」や「SASE」(Secure Access Service Edge)などのセキュリティコンセプトに基づく製品を提供するベンダーが増加している。日本企業にも広く採用される仮想化基盤を提供するVMwareもその一社だ。同社は2021年に「VMware SASE」の提供を予定している。

 だがクラウドサービスの普及やテレワークの利用拡大に伴い、今すぐにでもSASEを取り入れたいニーズは高まっている。今の時点でVMwareユーザー企業にできる現実的な対応策は何か。VMwareを含めたセキュリティ製品を取り扱うSIerに話を聞いた。


提供:ユニアデックス株式会社、SB C&S株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.