2021年04月01日 10時00分 公開
PR

DR対策と長期保存の課題を解消、「クラウド対応データ保護」の最適解とは?伊藤忠テクノソリューションズ株式会社提供ホワイトペーパー

DR/BCP対策やデータ長期保存の重要性が高まったことで、クラウドにデータ保護環境を拡張したいと考える企業が増えているが、その実践においても課題は伴う。拡張性やコスト効率に優れたクラウド対応データ保護はどうすれば実現できるのか?

[ITmedia]

 セキュリティやコンプライアンスの要件が厳しくなる中、DR/BCP対策やデータ長期保存の重要性が高まっている。しかし、セカンダリーサイトやテープライブラリによって維持されてきた従来型のデータ保護体制には、コストや処理時間などの面で限界も見え始めている。

 そのため、拡張性や柔軟性、俊敏性に優れ、ストレージの初期コストを低減できるクラウドにデータ保護環境を拡張したいと考える企業は多い。ただし、その実践においても、「クラウド環境の高額で複雑な管理」「データとアプリケーションに対する迅速な保護の必要性」といった課題が伴う。

 それでは、これらの課題を解消し、拡張や管理が容易なクラウド対応データ保護環境へと移行するためにはどうすればよいのだろうか。本資料では、コストとクラウド使用領域を最小限に抑えたクラウドDRや、物理/仮想テープを不要とするコスト効率に優れたデータ長期保存を実現する新たなソリューションについて紹介する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.