2021年04月08日 10時00分 公開
PR

シンプルで使いやすい次世代ストレージ基盤、管理インタフェースのポイントとはデル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

ITインフラは、どれほど高性能でパフォーマンスに優れていても、使いにくければ意味がない。そこで、合理化された運用が特長の「次世代ストレージアプライアンス」が、管理者にとって使いやすい理由に迫る。

[ITmedia]

 ITシステムの選定や導入では、シンプルさと使いやすさは最優先事項の1つだ。次世代ストレージアプライアンス「Dell EMC PowerStore」は、コンテナベースのマイクロサービスアーキテクチャや高度なストレージ技術、統合型機械学習などによるパフォーマンス重視の設計が注目されがちだ。しかし、一般的なIT管理者にとって使いやすい管理インタフェースに、ストレージ管理者の要求に応える高度な機能も備えるなど、合理化された運用も特長としている。

 これを実現しているのが「Dell EMC PowerStore Manager」である。HTML5のモダンアーキテクチャと、広範かつ専門知識を必要としない直感的なユーザーインタフェース、ストレージ管理要件に対応するベストプラクティスなどにより、PowerStoreシステムの潜在能力を引き出している。

 本資料では、PowerStore ManagerとPowerStoreの特長を詳しく紹介する。組織に欠かせない管理アクションや使いやすいインタフェースとは何か。あらゆるストレージ管理ニーズに対応するという同製品の特長を、ぜひ確認してもらいたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.