2021年04月08日 10時00分 公開
PR

コンテナや機械学習でデータ活用はどう変わる? 次世代型ストレージ基盤の実力デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

データの複雑性と規模の増大により、ストレージシステムには、信頼性やコスト効率、データ削減など、多様かつ高度な要件が求められるようになった。その中で注目される、コンテナや機械学習を採用した、次世代型のストレージ基盤とは?

[ITmedia]

 データの複雑性と規模の増大が続き、ビジネス環境も大きく変化する中、利便性の高いインテリジェントストレージシステムへのニーズが増加している。その要件は、新たなアプリケーションの利用に耐え得る高い信頼性、優れたコスト効率、データ削減、セキュリティなど多様化/高度化しており、最適な製品を見つけるのは容易ではない。

 こうした背景から開発されたのが、コンテナベースのマイクロサービスアーキテクチャや統合型の機械学習を採用し、高いパフォーマンスや拡張性、データ削減率を実現した、次世代型のストレージ基盤だ。クラウドライクなシンプルさをオンプレミス環境にもたらし、自動化により運用を合理化。また監視/分析/トラブルシューティングを容易にする予測分析機能を搭載している他、柔軟な料金体系でコスト削減にも貢献する。

 本資料では、同ストレージ基盤について、ハードウェアの概要からドライブ、物理コンポーネント、モデルごとのアーキテクチャの比較まで、詳しく紹介する。ケーブル配線や導入に関するガイダンスも掲載されているので、ぜひ参考にしてもらいたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.