2021年04月08日 10時00分 公開
PR

オールフラッシュストレージ選びの新機軸、ワークロード対応力はどう見極める?デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

従来型/モダンワークロードの両方をサポート可能なインフラが求められる今、オールフラッシュストレージの選び方も変わりつつある。ブロックストレージやファイルストレージなど多様な形式が存在する中、最適な製品をどう選べばよいのか。

[ITmedia]

 ビジネスにおけるデータの存在感が増したことで、ストレージにも“データ中心”の設計が求められるようになった。いま必要なのは、従来のワークロードとモダンワークロードの両方をサポートする適応性のあるインフラだ。

 中でも最適解とみられるオールフラッシュ製品では、この点をどのように実現しているのか。重要なポイントの1つが、ブロックストレージやファイルストレージ、VVolsストレージを単一アーキテクチャでサポートしていることだ。これにより、複数形式のストレージをアプリケーションに提供でき、ワークロードの柔軟性を高められる。さらに、各ストレージを一元的に制御できるといった運用面のメリットも期待できる。

 加えて、機械学習エンジンやシームレスな自動化によって運用が合理化できる他、監視や分析、トラブルシューティングを容易にする予測分析機能も用意されているので、IT担当者のスキルにかかわらず運用しやすい点も魅力だ。本資料では、この新世代ストレージの特徴を、ドライブや物理コンポーネントなどを含めて、詳しく紹介していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.