2021年04月08日 10時00分 公開
PR

DR対策に欠かせないデータレプリケーション、管理の複雑さはどう解消する?デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

データ保護においてシステム継続の重要性が高まる中、不可欠になっているのがデータのレプリケーションだ。だが、ただでさえ多様化しているIT環境にこの要素が加われば、管理はさらに困難になる。この課題を解決するストレージとは?

[ITmedia]

 データは組織にとって価値ある資産の1つであり、その損失はビジネスに甚大なダメージを与える。停電や災害、破損や人為的エラー、サイバー攻撃など常にリスクにさらされるデータをいかに守るか。そのためにデータ保護戦略を策定し、実行する必要がある。

 かつてデータ保護といえば、データ復旧を目的としたバックアップが求められていたが、今や飛躍的に増加するデータボリュームを保護しながら、システム継続も求められる。こうした状況下、DR対策として「データレプリケーション」は組織にとって不可欠となっている。しかし、オンプレミスやクラウド、仮想環境など多様化するIT環境の管理は既にIT部門にとって大きな負担となっており、ここにレプリケーションの管理が加われば、その負担はさらに増す。

 本資料では、このような課題を解決する、あるストレージアプライアンスを紹介する。同製品のネイティブ非同期ブロックレプリケーションのテクノロジーを中心に、メリットや管理について解説するので、データレプリケーション円滑化の参考にしてほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.