2021年04月08日 10時00分 公開
PR

ストレージから始める“永続的な可用性”環境、ソフト/ハードに求める要件は?デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

ビジネスクリティカルなアプリケーション環境では、一定期間中にシステムが動作する確率だけでなく、機能と自動化されるプロセスも考慮する必要がある。そこで、永続的な可用性を実現するソリューションの要件を解説する。

[ITmedia]

 ビジネスクリティカルなアプリケーション環境では、永続的な可用性を実現するのが理想だ。無停止で運用でき、障害時のゼロダウンタイムを実現できれば、さまざまな懸念が解消される。そこで重要となるのが、単一障害点が存在しない環境づくりだ。具体的にはホストやスイッチから、ストレージ、果てはデータセンター全体まで冗長性を確保するとともに、障害状態の検出と対処を自動化する。

 その実現を支えるソフトウェア機能は多岐にわたる。再構築時間を短縮する分散スペアリング、最適なパフォーマンスを確保できるアクティブ/アクティブアーキテクチャ、柔軟にリカバリーポイントを設定できるスナップショットやネイティブレプリケーションなどを組み合わせることで初めて、エンタープライズクラスの可用性を実現できる。

 さらにハードウェアの耐障害性、適切な環境設定も要件となる。この多数のハードルを乗り越えるために導入を検討したいのが、本資料で紹介するストレージソリューションだ。自社環境と比較することで、データの可用性向上のために改善すべきポイントも見えてくるだろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.