2021年04月08日 10時00分 公開
PR

ストレージの“永続的な可用性”は実現できる、そのための条件とは?デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

ビジネスクリティカルなアプリケーション環境において理想となる“永続的な可用性”は実現できるのか? 99.9999%といった数字だけではない、真のゼロダウンタイムを可能にするストレージの条件について解説する。

[ITmedia]

 ビジネスクリティカルなアプリケーションを稼働させる基盤に、高い可用性が求められるのは言うまでもない。安全安心をうたうストレージ製品の中には99.9999%の可用性を実現するものもあるが、それだけでは理想というべき“永続的な可用性”までは到達できない。

 単に一定期間中にシステムが動作する確率だけではなく、要求される機能や自動化されるプロセスも考慮する必要がある。ソフトウェア領域であれば、分散スペアリングによるドライブ再構築の時間を短縮する機能は、その1つだ。また、最適なパフォーマンスの確保につながるアクティブ/アクティブアーキテクチャ、リカバリーポイントを柔軟に設定できるスナップショットなども必要な機能になる。

 本資料では、このようにビジネスクリティカルなアプリケーション環境に応じて、永続的な可用性を実現するためのストレージの条件を解説している。ソフトウェアだけではなく、ハードウェアの耐障害性や高可用性環境の設定、可用性の測定など、多岐にわたるポイントを確認できる内容となっている。

※【本キャンペーンは終了しました】資料をダウンロードいただいた方の中から抽選で10名に「Amazonギフト券5000円分」をプレゼントいたします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.