2021年04月06日 10時00分 公開
PR

Windows Serverだけで始められるHCI、導入の容易さだけではないメリットとは?富士通株式会社、富士通Japan株式会社提供Webキャスト

情報システム部門を悩ませる人手不足を解消し、最新技術を取り入れていくには、ITインフラ運用管理の効率化が欠かせない。その実現策となるHCIの中でも、Windows Serverを利用したアプローチが注目を集めている。その理由は何だろうか。

[ITmedia]

 システムが複雑化する一方で人手不足という悩みも抱える情報システム部門だが、AIやIoTといった最新技術の導入、DXへの対応も期待されている。日々の運用管理業務の負荷を軽減しなければ、これらの期待には応えられない。そのためのソリューションの1つがハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。ハードウェアをシンプルに構築でき、運用管理も効率化できる。

 中でも、低コストでスモールスタート可能なHCIとして、Windows Serverを採用するアプローチが注目され始めた。一般的なHCIでは、OSライセンスの他に、HCIや仮想化のライセンスコストも生じるが、Windows ServerによるHCIなら、その全てがOSライセンスに含まれており、コストを大きく削減できる。

 またコストだけでなく、管理性やスモールスタートの容易さ、セキュリティの向上などさまざまな面でのメリットがあるという。本コンテンツでは、Windows Serverで実現するHCIのメリットや導入事例などをさらに詳しく紹介する。

※配信内容は2021年3月時点の情報であるため、製品およびキャンペーン内容については富士通または販売パートナーにお問い合わせください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.