2021年04月13日 10時00分 公開
PR

テレワークとクラウドの時代に最適なネットワークとセキュリティは?テレワーク普及とともに深刻化

テレワークの普及でクラウドサービスの利用が拡大するとともに、従来のネットワーク構成に起因する「負荷増大」や「セキュリティの低下」といった新たな課題が浮上している。その解決の鍵は。

[ITmedia]

 2020年の緊急事態宣言で急速に進んだ、新型コロナウイルス感染症対策のテレワーク普及と軌を一にするようにして「Microsoft 365」や「Zoom」をはじめとするクラウドサービスの利用機会も拡大している。

 これまでは、会社の内側(オフィス)からオンプレミスのサーバやデータセンターで稼働しているアプリケーションにアクセスするという閉じたアーキテクチャが主流だった。だが今や利用形態はそれだけに限らず、会社の外側からのアクセスや会社の内側から外側へのアクセスが拡大している。

 この結果、ネットワークとセキュリティの在り方に関わる問題が浮上している。「通信が遅い」「アプリケーションの動作が遅い」といった利便性の問題を根本的に解決しようとするならば、ネットワークとセキュリティの設計も見直す必要がある。具体的な解決策は。


提供:SCSK株式会社、日本ヒューレット・パッカード合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.