2021年04月08日 10時00分 公開
PR

災害や障害でも止まらないデータ環境へ――DR対策の理想を現実にするストレージデル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

データ主導ビジネスの推進に向けて不可欠なのが、災害や障害の発生時もデータ損失を防ぎ、迅速に復旧できる「継続的な可用性」だ。その鍵となるストレージに、いま必要なものは何か。DR対策の理想である、RPO/RTOゼロの実現方法を探る。

[ITmedia]

 データ主導で展開される現代のビジネスにおいては、データ環境の高度化はもちろん、継続的な可用性が不可欠だ。障害や自然災害によるシステム停止やデータロスの備えとして、基盤となるストレージにはパフォーマンスに影響を与えることなく、可能な限りデータ損失を防ぎ、迅速に復旧できる能力が求められる。

 災害対策も考慮した理想は、主要都市間の距離でもRTO(目標復旧時間)ゼロ、RPO(目標復旧時点)ゼロを実現することだろう。そこで注目されるのが、データセンターとDRサイト間でもアクティブ/アクティブな同期レプリケーション、自動フェイルオーバーを可能にするストレージソリューションだ。

 両方のサイトからのデータアクセスの最適化、レプリケーションによるアレイパフォーマンス低下の回避なども可能で、快適なデータ環境の維持にもつながる。本資料では、このデータ中心型アーキテクチャを採用した最新ストレージと、そのレプリケーション強化につながるテクノロジーを、さらに詳しく解説していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.