2021年04月08日 10時00分 公開
PR

データへの常時アクセスを安全に、次世代ストレージに見る可用性の実態とは?デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

データへ常時アクセスできる環境を整えることは、事業の滞りや収益損失を回避するために不可欠になりつつある。そこで注目したいのが、ハードウェア/ソフトウェアの両方で、全コンポーネントにわたる冗長性を備えた次世代ストレージだ。

[ITmedia]

 ビジネスにおけるデータの重要性が増す中、そのデータへ常時アクセスできる環境を整えることは、今や不可欠になりつつある。これが実現できないと、事業運営に支障をきたし、収益損失の原因にもなりかねない。そのためIT管理者には、データセンター内の全てのコンポーネントから単一障害点をなくすことが求められる。

 そこで注目したいのが、冗長性を備えたハードウェアと、99.9999%の可用性を実現するための機能を多数搭載した、次世代のストレージアプライアンスだ。ネットワークの障害や停電などへの高い耐性を備えているのはもちろん、個々のコンポーネントで複数の障害が発生しても、ストレージシステムはオンラインのままでデータを提供し続けることが可能だ。

 本資料では、同ストレージアプライアンスのクラスタリング機能と、ハードウェア/ソフトウェアの両方における高可用性機能について詳しく解説する。データ欠損のリスクを最小限に抑えるという同製品の実力を、ぜひ確認してほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.