2021年04月08日 10時00分 公開
PR

狙い目はミッドレンジか、コンテナや機械学習の採用で変わるストレージの常識デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

ストレージ要件の高度化を受けて、ニーズが高まっているのがミッドレンジ向けのアプライアンスだ。コンテナベースのアーキテクチャや統合型の機械学習などが採用され始め、従来にないメリットを提供できるようになった。

[ITmedia]

 企業経営がデータ駆動型ビジネスへと急速にシフトしていく中、ストレージに求められる要件はいっそう高度化している。クラウドネイティブな技術に対応しながら、シンプルな運用や優れた俊敏性を実現し、データの価値を高めるのは容易ではなく、製品選定も困難になりつつある。

 こうした中で存在感を増しているのが、コンテナベースのマイクロサービスアーキテクチャや統合型の機械学習を採用した、ミッドレンジ向けのストレージアプライアンスだ。データ中心の設計でパフォーマンスや拡張性の最適化を実現する他、インテリジェントな自動化技術で監視/分析も容易になる。また高適応性アーキテクチャにより、高速化とアプリケーションモビリティーを可能にしているのに加え、柔軟な料金体系でコストの最適化も可能だ。

 他にも、NVMeやSCMといった最新技術への対応、仮想化統合、リソースバランサーなど、次世代ストレージに必要とされる機能やサービスを多数搭載している。本資料では、同アプライアンスの機能や管理方法、エコシステムの統合などについて詳しく解説する。

※【本キャンペーンは終了しました】資料をダウンロードいただいた方の中から抽選で10名に「Amazonギフト券5000円分」をプレゼントいたします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.