2021年04月08日 10時00分 公開
PR

次世代ストレージのパフォーマンスを最大化、具体的な設定や推奨事項を解説デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

次世代ストレージは、そもそも高いパフォーマンスとシームレスな自動化機能を提供してくれるが、そのベストプラクティスを学ぶことで性能を最大限に引き出すことができる。一般的なユースケースにおける推奨事項を把握しておこう。

[ITmedia]

 複雑なビジネス環境のニーズに対応するためにストレージが高度化する一方、そのパフォーマンスの最適化、自動化したストレージ機能といったメリットを最大化するには、製品やテクノロジーへの理解が求められる。そのため、パフォーマンスを最大化できるようにベストプラクティスを把握しておきたい。

 例えば、ストレージシステムの基盤であるハードウェアが同じでも、構成オプションによってパフォーマンスに大きな違いが出るケースがある。また、ブロックやファイルといったストレージリソースのタイプによっても、推奨事項は異なる。

 そこで本資料では、ミッドレンジおよびハイエンド向けの次世代ストレージ製品を最適に利用するための設定と推奨事項を解説している。同製品自体が、コンテナベースのマイクロサービスアーキテクチャや高度なストレージテクノロジー、統合型機械学習などを採用し、高いパフォーマンスとシームレスな自動化機能を提供しているが、本資料を参考にすることで、さらに高いレベルで活用できるようになる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.