2021年04月12日 10時00分 公開
PR

専門家に聞く、サーバOSの新たな選択肢として浮上してきたUbuntuとは「誰でも使える優しいOS」の実力とは

Linuxの選択肢として名前が挙がるOSの一つがUbuntuだ。業務でUbuntuを活用している日本仮想化技術の2人に、Ubuntuの歴史や特徴、コミュニティーの運用体制などを聞いた。

[TechTargetジャパン]
(左)日本仮想化技術の宮原 徹氏、(右)同社 水野 源氏

 企業の情報システムを構築するエンジニアにとって、OSの選択は重要な問題だ。一般的にはLinuxディストリビューションを選択することが多いが、有償、無償の違いを含め、数多いディストリビューションの中から一つを選択することになる。

 商用利用に適したLinuxディストリビューションには、すぐに利用できるというメリットがある。開発ノウハウはネット上のコミュニティーで共有されており、有償サポートも受けられる。

 その一方で、商用利用に耐える長期の安定性を不安視する情シス担当者も。その中で注目されているLinuxディストリビューションが「Ubuntu(ウブントゥ)」だ。

 Ubuntuはどのようにして生まれ、どんな分野で利用されているのか。長年にわたってシステム開発の現場を歩き、Ubuntuを使ったシステムにも多く携わっている日本仮想化技術 代表取締役兼CEOの宮原 徹氏と同社技術部の水野 源氏の2人に、Ubuntuの歴史や特徴、コミュニティーの運営体制などを聞いた。


(*)インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー搭載のサーバは、本記事でご紹介しているUbuntu OS上でのサーバのさまざまなニーズにお応えします。


提供:デル・テクノロジーズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.