2021年04月09日 10時00分 公開
PR

中堅企業がDXで勝ち抜く鍵、調査で見えたハイブリッドクラウド戦略推進のヒントデル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

DXの推進に欠かせない、インフラのモダナイゼーション。その中で特に中堅企業が注目しているのがハイブリッドクラウド環境の構築だが、そこではワークロードの適切な配置と、それを実現するためのインフラの選定が重要になってくる。

[ITmedia]

 あらゆる企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する中、成功のカギとなっているのが、インフラのモダナイゼーションだ。調査によれば、中堅企業の約95%がその手段としてクラウド環境への移行を進めており、さらに46.8%がハイブリッドクラウド環境の構築を目指しているという結果が明らかになった。

 こうして環境が複雑化する今、DX競争における差別化を実現するために重要となるのが、ワークロードの配置だ。各ワークロードを適切なインフラ上で実行することで、一貫したサービス品質を保つことが可能になる。そして、従来のIT環境、プライベート/パブリッククラウドにまたがる最適なワークロード配置を行うには、セキュリティ/性能/管理の容易さの3つを重視する必要があるという。

 こうした要素を実現するには、多くの企業が回答しているように、サーバやストレージ、データ保護などを刷新し、可用性や信頼性の向上、コスト削減を目指す必要があるだろう。本資料では、IDCの調査結果を基に、DXに取り組む中堅企業が、最新のインフラを活用し、ハイブリッドクラウド戦略を推進するためのヒントを紹介する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.