2021年04月13日 10時00分 公開
PR

IDCの調査で見えたCI/HCIの実力、コストやアプリの性能に与える影響とは?デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

IT変革の阻害要因の1つである、サイロ化したデータセンターインフラ。これを改善する方法として注目されるのが、コンバージドインフラ(CI)とハイパーコンバージドインフラ(HCI)の導入だ。IDCの調査結果を基に、効果の実態を探る。

[ITmedia]

 市場ニーズの変化に応え、顧客との関係を深めつつ競争力を高めるには、ITトランスフォーメーションが不可欠になっている。しかし、そこでボトルネックとなっているのが、非効率なデータセンターだ。これまでデータセンターインフラはサイロ型のリソースとして調達/導入/管理されることが多く、コストの増大、拡張性や俊敏性の欠如といった課題を招いていた。

 これらを解消する方法として注目されているのが、コンバージドインフラ(CI)とハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。ある調査でも、CI/HCIはアプリケーションの性能を約60%改善し、初期コストを半減するなど、実際的な効果が報告されている。特に近年のHCIには、高度な自動化機能を備えているものも多く、オンプレミスのプライベートクラウド環境を推進する上で、有力な選択肢となっているという。

 本コンテンツでは、IDCの調査結果を基に、CIやHCIがもたらす具体的なベネフィットを挙げるとともに、企業がそれらを導入する目的や、解決したい課題について解説している。あわせて、CI/HCI市場をリードするベンダーによる製品群を紹介しているので、参考にしてもらいたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.