2021年04月13日 10時00分 公開
PR

DX推進の中核はサーバ、企業調査から見えてきたオンプレミス投資の要点とはデル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

DXの推進はあらゆる企業にとって最重要課題であり、その中核となるサーバインフラに求められる要件は厳しさを増している。そのため多くの組織で投資意欲が高まりつつあるが、どのような点に注意すればよいのか。

[ITmedia]

 流動化する市場ニーズに迅速に応え、競争優位性を維持していくためには、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進が不可欠だ。IDCの調査では、DXに取り組む企業は全世界で70%にも上っていた。今後は価値創造までの時間をさらに短縮できる戦略的ワークロードが重要であり、それが差別化要因になると多くの企業は考えている。

 中でも91%とほぼ全ての企業がDXに重要だと考えていたのが、モダナイズされたインフラや関連テクノロジーのリフレッシュだ。その最適な実現方法がハイブリッドクラウドの推進になる。プライベート、パブリック、そしてエッジクラウドという3つの導入モデルに対し、ワークロードの最適配置を図るのだ。

 ここで重要になるのがオンプレミスだ。特に法規制の厳しい業種では、ミッションクリティカルなワークロードをオンプレミスで実行できるメリットが大きい。いわゆるオンプレミス回帰の動きが、いま盛んになり始めている理由でもある。本資料では、このような企業調査から、DX推進のポイントとなるサーバ投資の考慮事項を解説している。IT戦略の根幹に関わる重要なヒントが得られるはずだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.