2021年04月13日 10時00分 公開
PR

ハイブリッドクラウドに一貫性と安全を、調査で見えた統合管理の重要性とは?デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

中堅企業の間でハイブリッドクラウドの採用が増える一方、クラウド戦略やセキュリティへの配慮が不足し、メリットを十分に享受できていないケースは少なくない。この課題を解消するとみられるのが、単一ツールによる統合管理だ。

[ITmedia]

 俊敏性を高める手段としてクラウドが注目される中、特に中堅企業の間でニーズが高まっているのが、コスト削減や柔軟性の向上、セキュリティの強化を無理なく実現できるハイブリッドクラウドだ。その一方で、包括的なクラウド戦略やロードマップを持てておらず、ハイブリッドクラウドのメリットを十分に得られていない企業は多い。

 またワークロード配置におけるセキュリティの重要性を理解しつつも、機密データの暗号化、ハードウェアの更新といった施策を実行できている企業は少ないという。こうした課題を解消するために有効なのが、単一の統合ツールを利用して複雑化を排除することだ。実際の調査でも、これを実践している企業は、リスクの軽減とレスポンスタイムの短縮、高速なバックアップを実現し、セキュリティ管理を効率化しているという結果が出ている。

 さらに、統合ツールにより、拡張性やコスト効率、生産性の向上など、パフォーマンス面でも期待以上の効果を得ている企業は多い。本資料では、中堅企業のIT意思決定者を対象とした調査結果を基に、ハイブリッドクラウド戦略に統合管理が必要な理由とそのメリットを、詳しく解説する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.