2021年04月13日 10時00分 公開
PR

クラウド上に散在するワークロード、一貫したデータ保護をどう実現するかデル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

データ駆動型組織への変革を図る企業にとって、インフラ刷新は喫緊の課題といえる。中でも重要視されているのが、多様なクラウド環境に分散するワークロードや、コンテナベースのアプリケーションに対応するデータ保護プラットフォームだ。

[ITmedia]

 データの可用性を高めてビジネスの停止を防ぎ、データアナリティクスを活用して意思決定者の判断を支援することは、デジタルトランスフォーメーション(DX)における主要な目的の1つだ。ある企業調査によれば、その実現に必要なITインフラのモダナイズにおいて、サーバやストレージ以上に、データ保護環境の見直しが重要視される結果が出ていた。

 実際、近年はプライベート/パブリッククラウド上にアプリケーションが散在している組織が増え、データ管理・保護に欠落が生じる可能性が懸念されている。クラウドサービスが提供するデータ保護機能は、24時間のRPOといったベーシックなものが一般的で、組織の基準に合致することはまれだ。独自のデータ保護と管理リソースを導入する必要がある。

 加えて、コンテナベースのアプリケーションが今後増加することを考えれば、データ管理プラットフォームのコンテナ対応も重要になる。本資料では、こうした企業調査やトレンドも踏まえて、最新のデータ保護プラットフォームの重要性を解説する。データ保護だけでなく、クラウドでのワークロード配置の最適化などにも効果を発揮するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.