2021年04月14日 10時00分 公開
PR

「手つかず」で大丈夫?「現地現物」のリモート化を支える工場セキュリティ工場セキュリティ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、製造現場でもリモート対応が加速している。工場のリモート化を考える上で同時に考えなければならないのが、セキュリティ環境だ。

[ITmedia]

 コロナ禍における人の移動制限は、製造現場に大きな影響を与えた。工場に立ち入りできる人数の制限や、海外工場との往来の制限により、従来の「現地現物主義」のオペレーションに支障をきたしている現場も数多くある。そして、その結果が、製造業におけるリモート化の加速という大きな変化をもたらしている。製造業におけるリモート化には幾つかのアプローチが存在するが、特にここ最近では「現地現物」=生産ラインの運用に対するリモート化のニーズが高まっている。

 一方で、外部とつながることで工場のセキュリティリスクは増加する。これまでの工場ネットワークは外部から独立しているためにセキュリティが意識されてこなかった。しかし、今後はオフィスと同じくサイバー攻撃の脅威にさらされることになるのだ。こうした環境の変化が生まれているにもかかわらず、工場の中でのセキュリティ対策が不十分なままで、工場のリモート化が拡大し始めているのが現実だ。

 それでは、工場のセキュリティ対策として、具体的にどのような取り組みをし、どのような対策を施していくべきなのだろうか。

※本稿は、TechFactoryからの転載記事です。


提供:シスコシステムズ合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.