2021年04月26日 10時00分 公開
PR

サイロ化した三層構造システムが阻むDX、専門家に聞いた整理術とは情シスの働き方を変えるITインフラの在り方

企業が生き残るためにDXは避けられないが、IT管理者はあちこちに分散しサイロ化したITインフラの「お守り」に追われてそれどころではない。従来よりも簡単に社内のシステムを刷新し、数クリックで管理、移行、拡張を可能にする方法がある。

[ITmedia]

 企業が競争力を維持する上で、デジタル技術を活用してビジネスモデルや業務体制を変革し、社会のニーズに応えるデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)は待ったなしの状況だ。

 だが理想とは裏腹に、サイロ化したITインフラによって、IT管理者の運用負荷は上がり、本来専念すべき変革に十分なリソースを避けない現状がある。DXの足掛かりとしてクラウドという選択肢を検討するも、セキュリティや性能の面から諦めざるを得ないこともあるだろう。

 この課題に対し、現状のITインフラを簡単に刷新するだけでなく、アップデートなどの運用管理や拡張作業をわずかな操作で実現し、ITインフラを取り巻く管理者の負荷を一気に軽減する方法があるという。DXにアプローチする企業が知っておくべきその方法とは。


提供:富士通株式会社、ニュータニックス・ジャパン合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.