2021年05月10日 10時00分 公開
PR

製造業のDXには何が必要なのか製造業を革新するデジタルツインを実現

3Dスキャン技術を使って設計・製造データをデジタル化し、仮想空間で組み立て検証などを行うデジタルツインを中心に、製造業でもDXが加速している。だが、その第一歩でつまずいてしまう例が多い。ハードル解消のポイントは何か。

[ITmedia]

 ビジネスのデジタル化が進む中、製造業でもデジタルトランスフォーメーション(DX)が加速している。その取り組みの一つとして注目されているのがデジタルツインだ。

 3Dスキャン技術を使って、現実世界から高精度のデータを取得し、デジタルアーカイブ(仮想倉庫)やデジタルアセンブリ(仮想組み立て)、デジタル検査などを行う。仮想空間で、部品や組み立ての検証、テストなどを行い、問題があれば即座に設計にフィードバックすることで、設計・製造のリードタイムを短縮し、生産性と品質を大幅に向上させることができる。ある自動車メーカーも、部品のデジタルデータを関係部門、関係各社で共有し、自動車を組み立てる前に仮想組み立て/検査を行うことで、大幅な時間短縮とコスト削減を実現しているという。

 実践している企業はまだ限られるが、採用に向けた流れはグローバルで急速に進んでいる。では具体的には、どのような仕組みが求められるのか。デジタルツインの実現手段を“ソリューション”として提供しているベンダーに、製造業におけるDXのポイントを聞いた。


提供:丸紅情報システムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.