2021年05月21日 10時00分 公開
PR

ファイルサーバ頼りが招く3大リスクを解消、デジタル資産の“集中管理術”とは検索性向上やコンプライアンス強化の実現法

オムニチャネル戦略の推進に伴い顧客接点が多様化する今、急増するデジタルコンテンツをどう管理するかが課題となっている。従来一般的だったファイルサーバによる管理が招く3つのリスクと、それを解消する新たなアプローチを解説する。

[ITmedia]

 企業がオムニチャネル戦略に取り組み、顧客接点となるデバイスやメディアが多様化すれば、企業が保有するデジタルコンテンツは加速度的に増加する。コンテンツの種類は商品のパッケージ写真から世界観を伝えるイメージ画像、ブランドストーリーを紹介する動画まで多岐にわたる。戦略に合わせたコンテンツを的確なタイミングで発信するためには、コンテンツを効率的に利用するための仕組みが欠かせない。

 企業がデジタルコンテンツを多数保有するようになると、遠からず運用上のさまざまな苦労に直面する。画像や動画などサイズが大きいファイルを安全にやりとりするのには手間が掛かり、ファイル転送サービスを使うとしても送付に数時間かかることがある。その上、著作権や肖像権の管理は一般企業にとって簡単ではない。ライツマネジメントの知識や経験の不足が原因で、デジタルコンテンツの制作者や出演者との契約期間が過ぎたにもかかわらずコンテンツを使い続けてしまうといった問題が生じることもある。

 こうした課題を解決するのが、デジタルコンテンツに細かいメタデータを付与することで検索性を高め、コンプライアンス強化とファイル共有の効率向上を目指すシステム「デジタル資産管理」(DAM:Digital Asset Management)だ。本稿はDAMの基礎知識について解説し、DAMがもたらすビジネス価値を探る。


提供:オープンテキスト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.