2021年06月01日 10時00分 公開
PR

Microsoft 365のバックアップは必要ないのか? 調査で分かった「本音」とはMicrosoft 365のデータ消失に備える最適解

Microsoft 365で作成したデータのバックアップをユーザー任せにすると思わぬ落とし穴がある。クラウドサービスのデータ保護においては、データレジデンシーやプライバシー規制などさまざまな配慮が必要だ。注意すべきポイントは。

[ITmedia]

 テレワークの普及とともに「Microsoft 365」を利用する機会が広まっている。「Microsoft Excel」「Microsoft Word」などアプリケーションの使い勝手は買い切り型のオフィススイートと変わらないため、Microsoft 365は「場所や端末を問わず利用できる」というクラウドサービスならではのメリットに注目が集まりがちだが、クラウドサービスならではの「落とし穴」もある。

 Microsoft 365の利用時は情報漏えいに備えたさまざまなセキュリティ対策が必須になる。見落としがちなのはデータのバックアップと保護だ。「Microsoft 365はクラウドサービスなのだから、データのバックアップもクラウド事業者任せで大丈夫だろう」と考えている人は珍しくない。だがそれは誤解だ。

 調査によるとランサムウェア(身代金要求型マルウェア)の攻撃を受けたことがある企業の比率は過半数に及び、データ保護策の必要性は一層高まっている。Microsoft 365で作成したメールやドキュメントを保護する最適解とは。


提供:バラクーダネットワークスジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.